アースルーリンドの騎士『二年目』 67 自習 4

どうしたら相手を叩きのめせるか。

ってずっとやって来たギュンターですから。

相手に剣向けられたら、手加減は…無理なのかもね。

gun-16.jpg


王冠2 アースルーリンドについて。国の紹介
王冠2 イラスト入り登場人物紹介(まだ全部じゃありませんが…)

恋の矢「二年目」を最初から読む恋の矢
宝石ブルー『幼い頃』を最初から読む
ベルブログ「二年目」の過去記事を読む


ギュンターが、戦うオーガスタスから二人に視線戻し、尋ねる。
「つまり練習だと…相手に合わせ、手加減してくれるのか?
オーガスタスは」

ローランデとフィンスはびっくりして、揃ってギュンターを見上げた。
「当然でしょう…?」

ローランデに言われ、ギュンターは項垂れた。
「…俺の剣技はまだまだだから、手加減が苦手だ」

それを聞いて、フィンスとローランデは思わず顔を、見合わせる。
「ああだから…!
アスランの相手を、スフォルツァかシュルツが務めてるんですね?」

ギュンターは項垂れたまま、ぼそり。と呟く。
「最初俺が相手したが、つい剣を向けられるときっちり弾き飛ばし、見ていたスフォルツァが慌てて寄って来て
『それではアスランが直ぐ手首を痛め、次の練習が出来なく成ります!』
と言って以来、アスランの相手を買って出てくれてる」

「…なる程」

フィンスの言葉に、ローランデ迄もが顔を下げ、ギュンターも俯き加減で頷いた。





つづく。




チューリップピンク今日も読んでくれてありがとうチューリップピンク

ラブラブ連載まとめ読みブログ「幼い頃」ミラーサイト

宝石緑「小説家になろう」サイト『幼い頃』


この記事へのコメント