アースルーリンドの騎士『二年目』68 屋外浴場 3

何だかんだ言って

ヤッケルが居ない時は

レナルアンがラナーンの落ち込み防止してますね…。

ranaan.jpg


王冠2 アースルーリンドについて。国の紹介
王冠2 イラスト入り登場人物紹介(まだ全部じゃありませんが…)

恋の矢「二年目」を最初から読む恋の矢
宝石ブルー『幼い頃』を最初から読む
ベルブログ「二年目」の過去記事を読む


先頭、ディングレーが拍車駆け、見事な王族の黒馬は、一気に駆け出す。
身軽なスフォルツァが、直ぐ後に続く。

ギュンターも拍車かけつつ一気に飛び出すが、心臓の音は怖いくらい高鳴ってる。

ディングレーが鮮やかに手綱繰る。
その後を、猛速で皆、付いて行く。

セシャルがラナーンの横に並ぶ。
「大丈夫?!」
ラナーンは歯を食い縛り、何とか頷いて見せた。

昼の陽光降り注ぐ草原を駆け抜ける。
風が爽やかで、アスランはこんな速さなのにしなやかで余裕の、ギュンターの乗馬に感心した。

ハウリィははしゃいでシュルツに話しかけ、シュルツも凄い速さなのに笑顔。

セシャルとフィンスがラナーンを挟み、両側から
「頑張れ!」
と声かけていた。

ローランデが彼らの馬を追い抜く時、レナルアンはその後ろに跨がってラナーンに舌出して見せ、ラナーンがそれを見、一気にムキになって馬の速度を上げて、セシャルとフィンスに
「無理するな!」
と心配げに叫ばれていた。




つづく。




チューリップピンク今日も読んでくれてありがとうチューリップピンク

ラブラブ連載まとめ読みブログ「幼い頃」ミラーサイト

宝石緑「小説家になろう」サイト『幼い頃』


この記事へのコメント