アースルーリンドの騎士『二年目』68 屋外浴場 6

脱いで注目されるのは

ローランデ、それにハウリィ…。

ギュンターは危険を避ける為

ローランデに背を向けて振り向かない作戦のようです(笑)

またまた、ハウリィの時間がナイのでラフ画。

ハウリィ裸.png


王冠2 アースルーリンドについて。国の紹介
王冠2 イラスト入り登場人物紹介(まだ全部じゃありませんが…)

恋の矢「二年目」を最初から読む恋の矢
宝石ブルー『幼い頃』を最初から読む
ベルブログ「二年目」の過去記事を読む


が、ローランデが脱ぐと、スフォルツァが目を、見開く。
「…どうしてそんな、すんなりしてるんです?」

シュルツが一年ながら、引き締まりきったスフォルツァの裸体見て、溜息吐く。

ギュンターは振り向けなかった。
ローランデが、湯に入ってから浸かろう。
そう、決めて衣服をゆっくり…脱ぐ。

ハウリィが脱いで恥ずかしそうに、湯船に入って行くマレーの後ろから湯に入ろうとした時、スフォルツァが目を見開いてハウリィの裸を見てるのに気づき、次第に皆が、ハウリィを見る。

すんなりどころか、まるでゴツく無く…少年には見えない程で、所々がピンク色に染まり、艶がある。

ラナーンが湯船でぼやく。
「俺も、ヤッケルと剣振る前は、あんなだった」
レナルアンが、即却下した。
「お前と違ってハウリィには恥じらいがあるから、あんなに色っぽいんだ!」

レナルアンに『色っぽい』
と言われ、ハウリィは途端、恥ずかしげに顔を、俯ける。

その上、明るい栗色の巻き毛の、とっても可愛いらしい子だったから、スフォルツァやフィンスらが、欲情しかけて顔をさっ!と背ける。

既に湯に浸かってたディングレーが、それに気づいて、ぼそり。
と釘刺す。
「ハウリィにソノ気になると、ローフィスに酷い目眩する毒針飛ばされるぞ」

俯いて股間をさり気なく皆から隠した、スフォルツァとフィンスが一気に固まって、青ざめた。




つづく。




チューリップピンク今日も読んでくれてありがとうチューリップピンク

ラブラブ連載まとめ読みブログ「幼い頃」ミラーサイト

宝石緑「小説家になろう」サイト『幼い頃』


この記事へのコメント